エステティシャンの仕事とは?

美容のプロフェッショナル

エステティシャン」は、ボディケア・脱毛・フェイシャル・リフレクソロジーなどの施術を行い、人々の肌や身体の悩みを解決し、より美しくする全身美容のプロフェッショナルです。髪の毛を除いた全身の「美」を追求し、お客さまの肌や身体、心の特徴や状態を把握したうえで、特別な手技や用具を用いて、相手に心地よさや安らぎ、満足感を与えていきます。普段はハンドマッサージや脱毛・痩身の器具などの美容機材を使用し、お客さまの要望に合わせた施術を行います。
また、エステティシャンにとって大切なのが、施術前後のカウンセリングです。カウンセリングによって、お客さまのニーズをしっかりと聞き出したり、肌や身体の変化を見極めたりすることが重要なのです。この仕事に就くうえで特別な資格は必要とされませんが、お客さまの身体に直接触れるため、専門的な知識や技術を身につけておかなければなりません。新しい器具や美容サービスもつねに考案されていくため、継続的な勉強が必要です。

美しさだけではなく、癒しも

エステティシャンの施術方法は、サロンによって細かく異なりますが、基本的に、「カウンセリング」「フェイシャルケア」「ボディケア」「脱毛」の4つが大枠の目的となります。この作業を一連で行うサロン、一部に特化して行うサロンなど、サロンによって提供サービスは異なるものの、お客さまのニーズに合わせた施術方法を展開しています。美に対する関心を持つ人の増加や多様化するニーズにあわせ、エステサロンではさまざまなサービスがあります。女性だけでなく男性向けのサービスを行う「メンズエステサロン」や、岩盤浴などの「リラクゼーションサロン」と一緒になったサロンも増えており、エステティシャンの提供するサービスも広がりを見せているようです。
そして、エステに来店されるお客さまは、美しさだけではなく、癒しも求めて来店します。そうした人々に対して会話をしたり、リラックスできる雰囲気をつくったりすることもエステティシャンの大切な役目です。